haneuma.log

半分くらい忘備録でできてる

最高にcoolでcrazyなインターンシップ

遡ること約2ヶ月、場所は福井県鯖江市。僕は全国から選りすぐられた11人の高専生たちと一緒に3週間のインターンシップに参加していました。

このインターンシップは「今までで一番充実した3週間」といっても過言ではないと思います。そんなことが言えるくらいたくさんのことを学び、成長できました。

 

インターンシップ中の楽しそうな記事このへん(http://jigintern2012.hatenablog.com/)を見ていただければ、と思います。

 

 

 

で、インターンシップで感じたこととか。

  

まず、やる気も技術力もあるすごい人たちと一緒に開発ができるのはすごく楽しかった。モチベーションがすごく上がったし、充実感がとてもありました。

チームのメンバーの支えがあって、自分の仕事を精一杯できたと思います。マジで最高のチームだと思ってます。僕が勝手に。本当にありがとうございました。

 

インターン生はほんとにすごい人の集まりだったと思います。僕の知ってる高専4年生じゃなかった。面白いしすごいし、なんだこの人たちは、って思いました。みんなオーラ出てた。そんな同い年のすごい人たちと知り合えたのは大きな財産になったと思います。

彼らにはすごく素直に接することができて、いろいろな話ができました。技術的な話、進路のこと、その他悩み事とかくだらない話とか。

普段クラスメイトとはできない真面目な話がたくさんできました。

 

社員の方と交流できたのもすごくいい経験になりました。

プロの技術力を感じたり、いろいろなことを教えていただいたり。メンターの方の圧倒的技術力には、ぽかーんとするばかりでした。自分たちの気づかなかったことを指摘していただいたり、アドバイスをいただいたり、開発の進め方のコツを教えていただいたり、本当にたくさんのことを学ぶことができました。

そしてなにより、社長さんがすごくフレンドリー且つ最高に面白い人でした。開発現場に颯爽と現れてアドバイスをして去っていく姿は最高にかっこよかったです。憧れます。またゆっくりお話がしたいです。

 
 
すごい人とたくさん交流して感じることは、やはり、自分の技術力と知識の不足でした。会話で飛び交う単語の意味が分からなくて話についていけなかったことが度々あって、ちょっと情けなくなりました。
もっと勉強しなくちゃ、と強く感じた3週間でした。
 
 
 
 
今回のインターンシップは本当にいい刺激になって、いろいろ考える機会にもなりました。
僕はやっぱりプログラミングが大好きだし、今までよりもっとプログラミングが好きになりました。
進路で少し悩んでいましたが、僕はこちらの道に進もうかと思います。