haneuma.log

半分くらい忘備録でできてる

ツキイチ

「そういえば今月ブログ書いてないな」と思い立って書く雰囲気に(自分の中で)なっているので、書いておこうと思います。今月はもやもやとした考え事をウェブの海に流せそうな範囲でだらだら書いておきたいと思います。

気づけば編入試験まで2週間になりました。1年かけてゆっくりゆっくりエンジンをかけて、ゆっくりゆっくり勉強していたら、あっという間に試験直前です。できればフッと消えてしまいたいくらいには自信がありませんが、そんなことを言っているとまたいろんな人に怒られてしまうので、ちょっとだけ前向きになるように「落ちる」って言わないように気をつけて過ごしています。「受かる気がしない」も言わないようにしています。

僕はいつでもマイペースで、自分がその仕事をいつ終わるか自分でも分かっていなくて、本当に適当に生きてるんだなと実感した1年でした。かろうじて目標の範囲ができそうだな、程度のペースで受験勉強は進んでいます。学校の課題は提出期限までにできるようになりました。レポートは以前よりは提出期限を意識するようになりました。定期試験の勉強は、授業を寝ないで頑張ることで補いました。

それで、僕は自分の足元だけ見てゆっくりゆっくり、気が向いたら全力で走ったり、周りと歩幅もペースも全然合っていなくて、空気の読めない変な歩き方をしているんだなあ、と最近気づきました。それが良いことなのか悪いことなのか、僕にはさっぱり分かりませんが、僕が周りに合わせて歩くことはきっと無いと思います。旅行先でもよくはぐれて迷子になります。人生でもやっぱり迷子になっているんだと思います。

人に合わせるのも人のこと考えるのも苦手なので、気がついたらぽつんと一人になっていたり、気がついたら人が離れていくこともよくあります。人が嫌いだなんてことはないし、気に入った人に嫌われてしまうとやっぱり悲しくなったりします。理系っぽい恥ずかしくて気持ち悪いことを言うと、どんな複雑な回路の解析よりも人の気持ちを考えるのは難しいです。うわー。

ただ、これからもずっと周りなんて見ないでぼーっとしながら適当に歩いていくと思うので、あんまり気にしない方がいいのかなって思ったりもします。思いました。