haneuma.log

生きるのをがんばりたいソフトウェアエンジニアのブログ

カリフォルニア旅行記 1日目

生きてます。こんにちは。無事に渡航することができたので、旅行記を書いていきます。移動を含めて5日間滞在する予定です。よろしくお願いします。

アメリカに入国

福岡空港羽田空港→成田空港→サンフランシスコ空港 といった経路で向かいました。いつもは長いと感じる福岡→羽田が近所のスーパーに行く程度に感じられた。

成田空港でモバイルWiFiルータの受け取り、米ドルの調達、旅行用品の買い物をして搭乗の時間を待つ。空港のターミナルはぶらぶらするだけで楽しくて、フライトまで時間を潰すのにはそれほど苦労しなかった。

出国審査はスッと終わった。搭乗前に、ランダムな抜き打ち審査とやらに呼ばれた時は少し焦った。怪しい人物の再検査というわけではないらしく、安心した。

フライトは長かったけれど、機内食が出るし本と映画をダウンロードしておいたiPadを持ち込んだので、それほど暇ではなかった。本は『何者』を読んだ。映画は『ヒトラー 最後の12日間』を観た。

f:id:haneuma0628:20180317184049j:image

一番心配だったのが入国審査だけど、5分くらいで通過できてよかった。審査官のはじめの一言が聞き取れずに慌てたけれど、特に突っ込んだことも聞かれずに淡々と通過した。預けた荷物もロストせずに受け取れて、無事に空港を出ることができた。

ホテルのチェックインと散策

宿泊先のホテルのあるユニオンスクエア付近まではBARTで行った。日本の電車はきれいなんだな…と思った。降車駅のPowell Station はカジュアルにホームレスがいて、タバコか何かの臭いが強かった。海外に来たな〜という実感を得た。

ホテルに着いて、いよいよまともな英会話が必要になったのでがんばった。フロントの人は親切に対応してくれて、ひどい英語ながらも、なんとか受付ができた。ここで「英語喋るの緊張する」などという感情は破壊された。下手くそだろうがなんだろうが、やればできる。良かったですね。

f:id:haneuma0628:20180317191000j:image

チェックインまでは時間があったので、ホテルには荷物だけ預けて散歩に出かけた。

アメリカで最初の食事はサンドイッチにした。お店の店員さんとの会話はリスニングが全然ダメで、雰囲気でなんとかした。サンドイッチは美味しいけど重かった。

f:id:haneuma0628:20180317200758j:image

海が見たかったので、Ferry Building Marketplace の方まで歩いた。途中、写真を撮っていたおじちゃんに『この水面に広がる波紋と塔のコラボレーションが素敵だから写真を撮っているんだよ(ぼんやりした訳)』などと話しかけられた。英語を聞き取れる場合もあるのだな、と思って嬉しかった。わかる、めっちゃ綺麗だと思う!みたいなことを返した。

f:id:haneuma0628:20180317191843j:image

ところで、写真で分かるようにこの日は雨だった。カリフォルニアは天気が良いと聞いていたので少し残念だったけど、小雨程度なのでそこまで気にならなかった。ただ、海沿いは寒くて、コートとストールを持ってきて正解だった。

オフィス見学

以前参加したRails寺子屋でお世話になったhmskさんの働くIndiegogoのオフィスの見学と、アメリカどうですか的な話を聞きに行った。僕がRails寺子屋に参加したのがはるか昔のことだったけれど、覚えてもらえていて良かった。

オフィスを訪問したのは18時で、人々は酒を飲み、スケートボードで遊んでいて最高だった。毎週木曜日はそのように過ごしているとのこと。日本でも似たようなオフィスは増えてきているけれど、本当に夕方に人がいなくてお酒を飲んで遊んでいるんだな、アメリカンだな、と思った。みなエネルギッシュに短時間で仕事をこなしているとのことで、僕も見習いたいと思った。

コーヒーを飲んだりビールを飲んだりしながら、アメリカで働くとこんな感じ、という話を聞いた。ベタだけど、日本で働き疲れたら海外で働くのもいいなあ、と思った。修士号は便利だぞ。あとはアーク溶接や梅ヶ枝餅など、雑多なお喋りをして楽しく過ごした。

次回

ケーブルカーで坂道を疾走し、海辺で土砂降りに逢い、急勾配の坂道を登山し、大聖堂で祈りを捧げ、おしゃれストリートをぶらぶらして、ハンバーガーに胃をやられてお腹を壊します。